記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県の「(動物)殺処分ゼロ」について

 さんかくたまごさんのブログのコメント欄で面白いニュースが紹介されていたので関連エントリーを。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00014577-kana-l14
県が掲げている犬猫の「殺処分ゼロ」の方針に、疑問や批判の声が相次いでいる。県動物保護センター(平塚市)に収容された犬猫を引き取り、譲渡先を探すボランティアに負担が集中しているからだ。黒岩祐治知事は施策を継続する意向だが、動物を「生かす」ために解決すべき課題が山積している。

 「センターから民間にたくさんの動物が移動している。理想だけでなく、足元を見てからゼロ展開してほしい」。12月15日の県議会厚生常任委員会。口頭陳情に立ったNPO法人神奈川動物ボランティア連絡会の代表が訴えた。

 同センターは、犬は2013年度から3年連続、猫は14年度から2年連続で殺処分ゼロを達成。黒岩知事は「達成は快挙」と喜んだが、登録ボランティア(愛護団体や個人)頼みなのが実情だ。15年度は、センターが収容した犬396匹と猫623匹のうち、ボランティアが犬175匹、猫は約8割に当たる495匹を引き取った。

 「もう限界」。猫保護団体「たんぽぽの里」(相模原市中央区)の代表(51)が漏らす。15年度に県センターから引き取った163匹の大半は、引き取り手の少ない病気や高齢の猫だった。1匹の医療費に約40万円かかった例もあり、寄付に頼る団体の運営を圧迫している。同年度はこのほか、センターを介さず約300匹を引き取っており、40だったシェルターの収容定数を一昨年と昨年20ずつ増やしたが、常時定数をオーバーしている。

 「どんどん譲渡を進めないといけない。でも、安易な譲渡はできない」とこの代表。気軽に飼い始めた飼い主が簡単に手放す-。その連鎖が、行き場のない動物を生み出しているからだ。無計画な飼育で飼い主の手に負えないほど繁殖する「多頭飼育崩壊」も増えていると感じている。

 米国と日本で臨床経験を持ち、同市内で保護動物専門の病院開設の準備を進める獣医師(55)は「センターが『生かす』施設に転換したなら、行政の役割を再構築しなければならない」と指摘する。喫緊の課題として(1)センターの土日稼働や、獣医師の24時間対応などソフト面の充実(2)ボランティアの負担や飼育環境の調査(3)飼い主とトラブルになるリスクの高い多頭飼育崩壊への介入-などを挙げる。

 さらに、簡単に答えの出せない命を巡る問題もある。例えば、瀕死(ひんし)の動物に多額の医療費を費やすべきか、安楽死させるべきか-。この獣医師は「殺処分ゼロを語るならば、課題の一つ一つに真剣に目を向け、解決策を話し合わなければいけない」と強調している。
引用終わり

 本件、下記のおぞましいウェブサイトを見て、県に対して問い合わせ済です。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f6808/p1039166.html

 「県警察に対して所有者不明の犬、猫が拾得物として届けられた場合、自治体は警察と連携して対応するよう文書が出ている(以下URL)。それにもかかわらず殺処分ゼロという事は、県から県警察に対して拾得者から受け付けないような指示をしているのではないか?」
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/files/n_20.pdf

 回答。
県として県警察に対して、所有者不明の動物を引き取ってはならないとするような指導は行っておらず、殺処分ゼロ※については、ボランティアによる懸命な御尽力の上、成り立っております。
※神奈川県生活衛生課の所管である横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市及び藤沢市を除く圏域の実績です。
終わり

 私が居住している市は「除く」の地域に入っているのですが、市(保健所)はマニュアルを整備し、市民に対しては「引き取りをしない旨を通知する」という運用をしています。これが警察経由の場合どうなるのか興味深いところです。
(警察に届けたとしても、どこぞの東京都の事例のように、行政が警察に対して「殺処分されるのは忍びない」と引取りを拒否し、困った警察官が放獣するような事案が生じるのではないかと思っています。県警察が所有者不明の犬・猫を拾得者として扱う場合のマニュアルがどうなっているのか確認するため、県に対して情報公開条例に則って確認しようと計画中です)

 所有者不明の「無主物」がそこらに転がっていて、周辺環境にとって悪さをすると考えられる場合。周辺住民がゴミの日に出す、あるいは行政に連絡して処分を依頼するのが当たり前でしょう。
 なぜ、犬猫に関してはその例外になるのでしょうか。犬猫は「ゴミ」よりタチが悪いです。なにせ、増えてしまうのですから。

 一刻も早く、行政が法に則った行政処分をおこなうよう願う今日この頃です。

 なお、地域猫推進派、殺処分ゼロ推進派の方がおられましたら是非、住所氏名をお知らせ下さい。
 「地域猫」や「地域猫がまき散らした糞」を着払い、かつ処理手数料の請求書付きでお送りしたいと思います。

 ボランティアでわんちゃん猫ちゃんのお命を守る崇高な使命感には頭が下がります。
 是非、私財を投げ打ち、周辺にご迷惑をおかけしないよう活動を続けて下さい。

 地域猫、殺処分ゼロ、お題目を唱える権利はあるでしょう。権利には責任が伴いますので、是非、責任を果たした上で権利を行使して下さいね。
スポンサーサイト

コメント

自分達で殺処分に反対していながら、実際に自分達が引き取ることになれば被害者面。

愛誤団体が引き取るのを止めれば、行政も殺処分0を諦めてくれるはずなんですけどね。

No title

「犬猫は『ゴミ』よりタチが悪いです。なにせ、増えてしまうのですから」。

その上「動く」。
生ゴミが勝手に増えたり動き回ることを考えてみて欲しい。

No title

 さん
 コメントありがとうございました。
 そうですよね。愛誤団体が引き取りをやめれば行政側もあきらめがつくかもしれません。
(でも、なんだかんだ言って「引き取らない」という水際作戦で引き取りを求める申請者に諦めるしかないというような誘導をして、追い返す方法を取るような気もしますが。市民の側も賢くならないといけませんね。正式に「申請」をした場合には行政庁にはきちんと審査し、不受理の行政処分を下す場合には根拠を示さなければならないのですから。

さんかくたまごさん

 コメントありがとうございます。
 ですね。
 まぁ、動くから「動物」なんですけど^^;。
 ゴミを撒き散らしたり、ゴミが風やら何やらでそこらに散らばったら「誰が犯人だ」と騒ぐ住民もいるでしょうが。
 何故か犬猫だと「相手は動物なんだからしょうがない」とかぬかす愛誤。不思議です。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地域猫 ブログランキングへ