記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて情報公開請求

 市議会議員に対し、市当局の対応が遵法でない可能性がある旨、市民がそれを指摘しているにも関わらず誠実な対応がなされていない旨、協力を求めたい旨を連絡しておりますが返答がありません。個別の市議会議員にはたらきかけをおこなっていますが、対象を拡大していかなければなぁ、と考えています。

 さて、同じ神奈川県内においても、横浜市では所有者不明の犬猫の引取り申請があった場合には引取りをおこなう姿勢であるのに対し、川崎市では運用マニュアルで引き取らない対応を明文化している事が判明しています。一方で、川崎市の条例では、明確に引取りを行う事を明記しています(当然です。条例は法の範囲でのみ制定が許されているものです)。

 この運用を整備するのに際して、法を所管する環境省との間に照会が行われていた可能性があります。この照会の有無、照会があった場合にはその内容を開示するように情報開示請求を行いました。

 また、環境省から各都道府県や中核市等の動物愛護担当部局長宛に、逸失物として都道府県警に所有者不明の動物が届けられた場合に各都道府県警察と連携する事が求められる文書が発せられています。警察では設備、人員が十分ではないので、拾得の届出があった場合には都道府県の所管当局に引き渡すよう、とすることになっています。そこで、警察内部で届出があった場合の手順を定めた対応マニュアル等が作成されているか確認を求める情報開示請求を行いました。
 これについては、対応マニュアルがないと困ります。交番の警察官に拾得物として届けにいっても、マニュアルがないと担当する方も困るでしょうから。

 愛知県では、警察官が担当部局に引取りを求めたところ殺処分はしのびないからという理由で放獣することを示唆され、挙句に愛誤からこの件について告発されたという馬鹿な事案も発生しています。

 きちんと対応する手順が定められているか、手順を定めるにあたって関係者間で協議の場があったのであれば、その議事録、県警察から引取り要請、照会等があった場合、その内容と回答、その顛末の報告書等の開示も請求しました。

 はてさて、どんな回答がくるものやら。

 しかし、愛知県の事例では愛誤の馬鹿っぷりが全開ですね。殺処分は忍びないから放獣したというのであれば、愛誤が喜んでいるリリースをバカな担当者がやってくれたわけではありませんか。なのに「危険性のある場所に遺棄した」として告発したのですから、意味がわかりません。

 告発した愛誤も相当の馬鹿ですが、殺処分を避ける目的で放獣することをそそのかした愛誤センターも、それを真に受けて実行した警察職員も馬鹿ですね。公務員にとって処分を受ける事は結構なダメージです。まぁ、この事例では処分されたいずれの人もいい歳ですし、もう出世できないと絶望する前に定年までに到達できる場所は見えているでしょうから、そういう意味では痛くもかゆくもないでしょうが。給与に関わる処分(減俸など)を受けてしまったら、退職金や年金が減る等実害が出るでしょうに。
 愛誤の連中に対しては、この馬鹿だけど心優しい、処分を受けてしまった職員らに対して、実害が出ているのであればその補償をして差し上げなさい、といってやりたい。愛誤は権利を主張するのであれば、その結果生じる責任を負うべきです。愛誤が騒がなければ、行政職員はいくらでも適正な処分をするでしょう。それを阻害しているのは愛誤どもです。

http://sippolife.jp/article/2015082700008.html

 この件では知事が「あいまいだから現場が対応できなくなる」と言っていますが。いや、それあなたの仕事ですよ。
 愛誤法では引取り義務規定をきっちり明記してあり、その義務は都道府県市町村等自治体にあるんです。
 と、知事がそういう認識を正しくもっていないから職員が犠牲になったのでしょうね。知事も責任を問われる立場にあって然るべきだと思うんですが。
スポンサーサイト

コメント

No title

藤枝市でも、一旦捕獲した野良猫を放獣して告発された市職員がいます。
藤枝市では市要綱により、行政が野良猫を捕獲して愛護センターに収容する規定があります。
愛誤が公園で餌やりをし、近隣住民から苦情があったので、市職員がその野良猫を捕獲しました。
しかし野良猫の捕獲を行った職員は、途中で猫を放獣したのです。
愛護動物の遺棄罪で市職員を告発したのは、当の餌やりでした。
猫を捕獲されたことを逆恨みしたのです。
市職員は不起訴となりました。

No title

さんかくたまごさん

 なるほど。
 捕獲した後に放獣するのは失策ですね。
 きちんと手続きに従って処分すれば咎める事はできないですから。
 不起訴になっても、公務員は何らかの処分を受けると思います。訓告や戒告などで注意を受けるだけでも、一般的にはその後の俸給の上がり方が明らかに減り、昇任審査に不利益に働きます(ちなみに私は元公務員です)。

 その他、記事中にリンクした朝日新聞の記事では三重県でも同様の事案があったとか。新聞沙汰にならないケース等も含めたらもっとあるかもしれませんね。職員にはもっと毅然と、自分の職務に責任感をもって勤めてもらいたいです。

 愛誤は結局、自分の欲望を満たしたいだけなんですよね。そのためなら他人を傷つける事も厭わない。狂っているとしか思えません。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地域猫 ブログランキングへ