FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市の公開文書

 市の情報開示条例に基づく情報開示請求を行っておりました。

 結果、送られてきた文書を確認しました。


・犬、猫等の動物引取り依頼書(川崎市動物愛護センター条例施行規則 第1号様式)
・動物の引取り実施要領
・所有者の判明しない犬及び猫の引取りマニュアル

 動物の引取り実施要領より。
第4条(引取りの許諾)
センター所長は、動物の所有者から法第35条第1項等に基づく動物の引取りを求められた場合、法第7条4項の趣旨、動物の健康及び生活環境の保全上の支障等に鑑み、当該引取りの許諾について決定するものとする。

 法第7条4項は飼主の終生養生の義務を定めたものですので、野良猫には関係しませんね。「生活環境の保全上の支障」は来しているので、我が家に糞を撒き散らす動物はこれに該当するでしょう。

 一方で、所有者の判明しない犬及び猫の引取りマニュアル。これが問題で。


 ページ2。
2. 対応 (1) 自活できる程度に成長した猫の場合
イ 行方不明の届出等との情報に該当がない場合
 行方不明の届出等の情報に該当がない場合は、猫は犬と異なり係留の義務がなく、屋外にいることをもって、直ちに所有者が逸失したと判断できない等から自活出来る程度に成長した猫については法第35条第3項による引取りの対象としていない旨拾得者に伝える。

 、、、。意味が理解できないんですが。
 このマニュアルを作成した担当者は動物愛護法を読んでいないんでしょうか?
第七条
動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者として動物の愛護及び管理に関する責任を十分に自覚して、その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、生活環境の保全上の支障を生じさせ、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。
 
同3項
 動物の所有者又は占有者は、その所有し、又は占有する動物の逸走を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

 係留はしなくてもよいでしょう。飼い主は思う存分、猫を自宅内で飼育すればいいんです。猫の習性、身体能力は上記七条1項にて「その動物をその種類、習性等に応じて適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努める」と飼主が自己責任のもと管理するように定められています。
 外に出すという事は飼主が管理責任を果たしていない、仮に外部に「逸失」した際に野良猫として取り扱われたとしても文句はいえないでしょう。そもそも、同法6項には

動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。

 という規定がなされています。飼いネコである事をきちんと示す対応をするのは買主の責務です。

 一方的に、飼い主に都合の良いように物事を捉え、実害を受けている市民が保護した野良猫を引き取らない、とするのは適正な運用なのでしょうか。

 困ったのが、行政不服審査法については、「行政庁の処分その他公権力の行使に当たる行為に関し不服がある場合」に審査を申し込むことができるという点です。現在、野良猫は保護下にあらず、我が家の敷地を含む地域を我が物顔で闊歩しています。申請をするには、これを保護しなければなりません。
 しかも、保護した後、市に引き取りを求めたら、マニュアルに従い拒絶されるでしょう。で、その拒絶があって初めて「不作為があった」という事実が生じるわけで。その件を争う間、野良猫を私は飼育しなければならなくなります。

 うーん。困った。とりあえず、環境省に連絡をとって対応について相談してみたいと思います。

 なお、ファイルとしてマニュアル、及び所有者の判明しない犬又は猫の引取り依頼書(第3号様式)をアップロードしました。
 川崎市在住で野良猫被害にあわれている方、この様式を印刷、記入して愛誤センターに引取りを求めましょう。そこで拒絶されたらご一報下さい。私も一緒に不服申立てをさせて頂きます。

  
スポンサーサイト

コメント

実務

私の元には「横浜市在住の人の協力を得て横浜市で引き取ってもらう」との情報も届いています。

意味のない引き取り拒否は、他で死なす猫を増やしたり、路上死の猫を増やし、猫害の解決を阻害するだけです。

Re: 実務

> 私の元には「横浜市在住の人の協力を得て横浜市で引き取ってもらう」との情報も届いています。
>
> 意味のない引き取り拒否は、他で死なす猫を増やしたり、路上死の猫を増やし、猫害の解決を阻害するだけです。

 コメントありがとうございました。
 調べてみたところ、横浜市では一端野良猫は引き取らない方針をとっていましたが、最近は引き取る方針に戻したようです。
http://ameblo.jp/novopin97/entry-12125481516.html
 これは愛誤のブログですが、横浜市の公式回答が法律に則った適正なものである事を確認しました。

 県、市は序列がなく「同格の立場」ということのようなのですが(神奈川県からの回答より)、同じ県内で対応が180度違うのも妙な話ですね。

 私は横浜市の対応が法に則っており、上記ブログに貼りつけられていた回答は模範的であると感じました。
 川崎市でも同様に、無責任に増えて市民生活に悪影響を与えている動物を行政が適切に取り扱い、不必要に生み出され、失われる命が少しでも減るように働きかけていきたいと思います。

 市議会議員で連絡先のわかるところにコンタクトしてみておりますが、果たしてどうなることやら。

 横浜市内に協力者の方がおられるのであればご協力をお願いしたいところですが、厳密には

私が捕獲(無主物の取得。所有の意思を持って飼育を始める)
協力者の方に所有権を譲渡
協力者の方が引取りを行政に依頼

 という図式になりそうな気がします。
 協力者の方が捕獲されたことにすれば、、、とも思うのですが、嘘をつくのは愛誤と同レベルに落ちるようで心理的に嫌ですし、何より協力者の方にお手数をおかけするのも気が引けます^^;。
(そもそも、行政は愛誤動物の引取りを拒めないはずなんですけどね。)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地域猫 ブログランキングへ