FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛誤の活動はグレーなビジネスに利用されている

 愛誤は猫ちゃんに餌をやる一方で、適正に業務を遂行している行政職員を恫喝する活動にも余念がないようですが。
 おかげで地方自治体が法に定められた行政処分を適正におこなってくれなくて困っているのが私の現状です。

 同じような思いを抱いている人は結構な数にのぼるのでしょう。

 え?根拠?

 アマゾンや楽天で「猫 忌避剤」という単語で検索をかけてみて下さい。
 効果のない、原価ほぼゼロでつくれそうな怪しげな商品が高い値段をぶら下げて陳列されております。
(柑橘系の臭い等を猫は好きではないようですが、すぐに慣れるでしょう)

 被害者たる善良な市民は泣く泣くこの手の忌避剤を買ってみるのでしょうが、効果なんかなくて泣き寝入りでしょうね。愛誤に泣かされ詐欺業者に泣かされ、、、。

 こんな商品売れませんかねぇ。

商品名:ネコバイバイ・ユリ科植物抽出液
商品説明
 ネコにとって禁忌のユリ科植物の抽出液を展張剤に混和した調剤です。
 ネコの通りそうな場所に適量を散布するだけ。
 不思議とネコをみかけなくなります。
 完全天然由来で人間には健康被害を及ぼしません。
 毒劇物ではない普通物ですので、自宅敷地内に散布する分には完全合法です。

注意!
 本商品は猫に有害な可能性があります。
 飼い猫等は散布した場所に行かないようしっかり管理し、措置を講じましょう。

 市販すると愛誤が騒ぎそうですので、とりあえず猫糞のせいで使えなくなった家庭菜園で栽培中のテッポウユリを摩砕して、食用油にでも懸濁してあちこちに撒いてみたいと思います。

 自宅の敷地内に水を撒いたり腐葉土を撒くことをとがめる事はできません。それと同じ。私は庭の環境をよくするために「植物残渣」を散布するだけです。勝手に敷地内に侵入してきた動物が手足にくっつけて、それを舐めてなんかあっても知りません。ネットを張るなどして敷地内に外来生物が侵入しないように必死になってるわけですから、それをかいくぐって侵入してくる何かがいたとして、それに何かあっても事故、です。
スポンサーサイト

コメント

No title

あけましておめでとうございます。
穿った見方をしてはいけませんが。
効かない猫忌避剤のメーカーは、餌やり愛護を裏で支援しているとか?

No title

さんかくたまごさん
 あけましておめでとうございます。

 忌避剤メーカーにもいろいろあると思います。
 皮肉っぽく書いてみましたが、中には本気で「猫被害に悩んでいる人のために」とか思って、猫に臭いをかがせてみたらいやがった、なんてのを根拠に「忌避剤」を作り、売っている業者もいるでしょう(私も食い詰めたら忌避剤ビジネスでもやろうかと。元研究者としては、現在市場に出回っている商品よりも、「一見効果がありそうな根拠チックなもの」をねつ造するのは簡単です)。

 しかし、いずれにしても忌避剤なんか効きませんから、売っている側の悪意の有無に関わらず「売る」事自体よろしくないと思うんですけどね。残念ながら、明確に相手を騙そうという意図が立証できなければ詐欺には問えないですし、忌避剤のメーカーに「忌避効果があるとする根拠を示せ」といったところでお花畑な妄想メガ盛り(+感情論をスパイスで上乗せした)の回答がやってくる事は間違いないでしょう。

 法律で規制もされていませんしねぇ。

 一方、川崎市は「猫の接近を忌避する超音波発生器」を具体的商標名を上げて「貸し出しをし、接近を防ぐ助言をする」とかぬかしていましたが。そんなもんで野良動物が近寄らなくなるのであれば、猫糞被害に悩む人も農家の人も苦労しません(苦笑)。

 愛誤も、忌避剤を販売するメーカーも、忌避のためのデバイスを税金で購入して行政指導の一環に取り込んでいる行政も揃って頭が悪いなぁ、と思う今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

地域猫 ブログランキングへ